1種2次試験 今年度の問題予測

自分なりに過去の問題を分析,研究してみた
計算問題に軸足を置いてるんで計算問題に絞って予測
まず電力管理から
昨年度、水力と火力(速度調停率)が出たので今年は出ないだろう
また、変圧器タップによる電圧調整や変動がらみの問題が出たのでその類似や調相設備も出ないだろう
昨年度&今年度、特性インピーダンスの問題が出たので、落雷のサージインピーダンスから電流電圧を求める問題も出ないだろう
今年度は1次試験電力で計算が必要な問題がなかったことから、2次試験では計算問題が3又は4問出ると予測
今年度の電力管理の計算問題は↓のように予測
・地絡故障の計算問題(対称座標法を使う面倒な計算が必要かどうかは分からん、H25,6年度に短絡,断線が出ているので今回は地絡と予想)
・故障率などの確率がらみの計算問題
・H26年度の分散電源やH25年度のたるみやH24年度の磁束密度のような変則的な計算問題(解き方が分かれば計算にそれほど時間を要しない)
・計算問題が4問出るとして、H24,26年度のような解き方が分かれば短時間でスラスラ解ける問題
論説は予測つかんが、コンバインドサイクルと自主検査がらみが出そうな・・・、再生可能エネの簡単なのが出てくれるとラッキーだが
次に機械制御を簡単に予測すると
・誘導機
・静止機
・インバータ
・古典制御
って感じかな(意表をついて直流機の可能性もわずかにあるが、その時はその問題は捨てる)

10月末くらいまでは的を絞らず全般的に勉強していくが、そのあとは出そうなのを重点的にかな?


[PR]
by ubakotes | 2016-09-10 18:50 | 電験