昨年を振り返って

昨年は1次試験の解答が発表される日(試験日の2日後の月曜)から宿泊出張が入っていて、木曜日まで自己採点が出来ずじまい
帰ってきて自己採点すると、電力科目のみ46/80点で他の3科目は50/80点越え
48/80点以上は確実に合格なので、予定通りか、と思いつつ他の受験者の得点との絡みで1次試験突破の可能性も十分
翌々日の土曜日に近くの本屋で参考書(内容は過去問の解答と解説)を取り寄せ依頼
その翌々日に入荷したとの電話があり、早速購入
約2.5ヵ月後の2次試験目指して早速勉強開始(この時点まで2次試験の勉強は全くしていない)
なんとか試験までに、参考書を読めば、なるほどこう解くのか、という感じにはなれたが・・・
しかしながらと言うか当然のごとく日本の電気関係の資格の最高峰の最終試験は甘くはなく、対称座標法(昨年は出なかったが)もろくに理解していない状況では手も足も出ない、という感じで不合格

あれから10ヵ月、まだまだ、どんな問題が出ても合格出来そう、という自信は持てないが、頑張ってなんとか合格したい


[PR]
by ubakotes | 2016-09-11 15:20 | 電験