第1種電気主任技術者試験 合格体験記 その1 ~1次試験直前

やっぱ合格するとこういうの書けるのが良いね

(前回の投稿の続き)
で、ネットで発注した数日後に参考書が届く
まず開いて最初のほうのページで制度が変わってないか(2種合格以来10年以上経ってる)チェック、変更なし確認

計画を策定
2種合格からこれだけ経ってては、1次は兎も角、2次まで1回で合格は厳しいだろう
制度的には、1次は3年で4科目合格すれば2次を受験出来、その年ダメでも翌年は1次免除
まず最初は1次を3科目合格して電力or機械残し、その後は2次中心の勉強で翌年度1次の残り1科目を軽く合格して、2次で手応えを掴んでおく
そして3年目は2次の勉強に集中して6割正解は余裕の解答をし期待して発表を待つ、そうして期待通り合格!
(3か年計画と言えば聞こえは良いが、それ以上モチベーションをキープするのも難しい)
ってストーリーだが、こういう計画は上手く行った試しがない

で勉強方法
まず、参考書の中身は、最近6年(H20~25)の全問題の着眼点と解き方過去問の繰返しで大丈夫かいな?
と思いつつ、そういえば2種の時も雑誌や参考書の予想問題なんて数問だったし、遠い遠い昔の大学受験の時も演習問題はほとんど過去問だった、とにかく始めよう
参考書の各科目の最初のページ開くと、重要ポイントを簡単にまとめてる
おお、昔々に大学でやったトランジスタの基礎的な事やオペアンプの計算問題もあるじゃん
三相不平衡負荷なんてすっかり忘れてる・・・
てことで先ずはざっと通しで全部読んで、それから各問を解いて行くが合格点には程遠い
で不正解のはもう一度参考書を読んだり関連するサイトを見たりで解き方の理解に努める
何回もループして解いて行き少しずつ理解が進んでいく
その年の9月に試験センターサイトから最新のH26年度の問題をDLし解く、これは解説みたいなのはなし、分からなければネットで調べ、という感じで進めて行った
通勤の電車の中では参考書を読んで理解に努め、昼休みや仕事の合間に問題をやり答え合わせをやる
帰宅後&休日は自宅やファミレスなんかで同様に問題解いたり参考書を読んだりネットで調べたり
一番参考書にしたサイトは、公益社団法人日本電気技術者協会の解説、かなり内容も深く詳しくボリュームあり
あと2chのスレに書込みしたり書込みを読んだり、ネットの個人ブログの合格体験記を読んだり(何年も受験続けて合格した人も結構多い)
そんな感じでの勉強を1年ちょい続ける
その間、5月にはネットで受験申込、8月下旬に受験票が届く

そして迎えた2015/9/5(土)、いよいよ第1種電気主任技術者1次試験当日、結果やいかに??

To Be Continued
[PR]
by ubakotes | 2017-02-12 13:24 | 電験