電験について思うこと

電験とは、第1~3種の電気主任技術者になるための試験のこと
で、資格として一般に電験1~3種と言われているのは、試験に合格して取得した資格
電験1~3種を持っている人、というのは、試験に合格した後に申請して免状を取得した人
のはずである(試験に合格したらほぼ全員申請するだろうから試験に合格した人と同義でいいだろう)
認定で免状を取得した人のことを電験1~3種を持っている人と言う(本人が自分で言うのを含)のは厳密には明白な間違い
認定第1~3種電気主任技術者、のどこにも、験、の字が入っていない、あくまで試験の、験、である
最近、言われるようになったが、電認1~3種、と呼ぶのが相応しいと思う
昔は、免状を見ても分からなかったが、今では免状の番号に、E、が付き明確に区別されている
これは非常に良い

1種はともかくとして、2種以下は認定取得者はレベルが低いのが多数である(と実感している)
何故なら、2種でも特高の設備の保安担当(の補助)になり先輩から手取り足取り教えてもらったルーティンワークを長期間こなしてきただけ成れてしまう
(特高といっても22kVなどではダメだが)
設備にトラブルがあればメーカー等を呼び、免状申請時のノウハウなども会社に教えてもらった通りやっただけ、ってのが多い
それだから、接続検討申込書などの設計に絡む書類作成など一切出来ないし工事の基本的な指導も出来ない、ってのがほとんど
(例えば、%インピーダンス?何それ、ってレベル、技術者じゃなくて単なる作業員)
つまり、自分がやってきた設備の保安については詳しいが、(退職などで)違う設備になるとまるで素人、ってのも多数
長くなったが、認定の資格は、退職などで解任になったら、資格取消しを切に願う、主任技術者の全体のレベルアップのため
(1種となると電力会社か日本有数の大企業しか認定されないだろから、そこそこ優秀な人材と思われる)

企業のHPや社員の名刺には、試験合格、などと記載する(無ければ誰もが認定と思う)ことが全体に浸透すればいいと思う
苦労し努力して試験に合格した人が、認定と一緒に扱われるのは、気分が悪いだろう
って気持ちだったのは、2種までだな、僕の場合
1種試験合格だから定年後に3種セミナーの講師(認定では絶対に無理)やら雑誌なんかに解説載せる機会もあるかもしれん
僕の場合、実務経験あるし中堅どころの元請け工事会社の技術顧問なんかで小遣い稼ぎ出来る可能性もかなりある
今の時代、ダブルインカムないと老後厳しい
と考えると、試験勉強頑張るならやっぱ1種まで合格しないとね、仕事は2種あれば十分、とか言ってないで


[PR]
Commented by FUKU at 2017-02-23 20:37 x
こんばんは、
言いたい内容は解ります、でも認定で資格取得された方の意見も聞いてみたいです。
Commented by ubakotes at 2017-02-25 13:27
僕の知ってる数人の電認2,3種は、記載のようなのばっかりなので
電認の中にも優秀な人も(ホンの少しは)いるだろうし、電験もペーパーじゃお話にならない
僕の個人的な思いを書いただけなので
by ubakotes | 2017-02-23 17:22 | 電験 | Comments(2)